まつげパーマはまつげを傷ませる

パーマ用の薬品と合わずにまつげが一部縮れてしまったり、カールの角度がうまくいかず不自然さが強調されることもあります。まつげパーマを実施しているサロンの広告に他店で失敗したまつげも修復可能というものをよく見かけます。パーマがまつげに及ぼしうる影響は必ずしもいいものとは限りません。しかし、どちらにせよまつげが傷んでしまうことは事実です。

極論すれば、まつげパーマの施術には特に資格などが必要なく、研修さえ受けたなら未経験者でも勤まるということです。パーマのあてすぎや過度のケアは、まつげのダメージを増す結果になります。ただし、パーマさえかければ誰でもきれいなカールのまゆ毛になれるとは言い切れません。

太く長いまつげを維持できるよう、適度な手入れが必要です。まつげへのダメージを考えるなら、毎日のビューラーより一度のパーマの方がいいともいわれます。資格によって技術の度合いを知ることができないので、まつげパーマの施術先を選ぶ時は実績や口コミなどの情報を収集した上で、納得のいくところを選ぶべきです。

まつげへの負担はパーマを何度も当てると増えていきますが、パーマの持ちが悪くなった時は再度パーマをかける必要があります。また、美容師の資格や特別な技術認定がなくても、まつげパーマを人に施すことは禁止されていません。パーマやエクステをまつげに施す人も増えています。

まつ毛の育毛