自分でできる脇毛の脱毛方法

脇毛はでるだけ処理したい部位ではありますが、かといって肌が荒れてしまってはどうしようもありません。皮膚に毛が埋もれて残らないようにするには、毛抜きという手段があります。自宅で可能な脇の毛の処理としては、脇毛を脱色し目立たなくするものや、脱毛シートやクリームで毛を溶かすというものもあります。うまく剃ることができなかった場合、毛の断面が斜めになって以前より濃くはっきりと見えるようにもなります。

安価で手軽にできる脱毛方法ですし、この方法から腕や脚など広範囲に使えます。電気シェーバーやかみそりを使って脇の下の毛を剃ることは、家庭で可能な最も手軽な方法といえます。対策としては、脱毛処理後は敏感な状態になっている肌にスキンケアを正しく行い、肌への負担を最低限に留めるようにすることです。皮膚が薄くなり湿疹ができることもあります。

仕上がりもかみそり比べてなめらかです。とはいえ、脚や腕のムダ毛と異なり、脇毛は色が濃く太いという特長があります。新しい脇毛が生える度に頻繁に剃っていては、肌への負担が増すばかりです。家での脱毛方法を考えた場合、脇の下の手入れには幾つかの方法があります。

脱毛クリームや脱色などの方法では、肌に負担になり肌荒れの原因となることがあります。皮膚の下には毛の根本に当たる毛根という部分があり、毛根が存在している限りは毛が作り出されます。完全な脇毛の脱毛は困難といえるでしょう。

脇の下のケア