脇の多汗症になる原因

タバコに含まれるニコチンやコーヒーに含まれるカフェインには交感神経を刺激する物質が含まれているためこれらを摂取しすぎると汗をかきやすくなります。精神的発汗は程度の差こそあれほとんどの人に見られますが、局所性発汗という体の一部分に過剰な発汗症状が現れるものが脇の多汗症です。また、細かなことを気にしやすい人や、性格が優しい人、完全主義の人などは精神的発汗が起こりやすいようです。過度の緊張やストレスからの発汗作用です。

ホルモンバランス乱れは、更年期障害などが影響していることもあります。脇の多汗症は、自律神経の乱れが体温調整機能の低下を招いたことが原因となって起こるということがあります。発汗をコントロールしているのは自律神経で、この自律神経はホルモン分泌の影響を大きく受けています。人間は不安を感じたりすると自分では制御することのできない交感神経の働きが強くなり、汗腺の動きが活発になり汗をかきやすくなるのです。

更年期のために女性ホルモンの分泌量が減少し、多汗症を引き起こすのです。精神的発汗は、脇の多汗症の原因として真っ先に考えられるものです。食生活が原因で多汗症になる場合もありますので、たばこや辛いもの、コーヒーが好きな人は要注意です。

脇の下の多汗症とはどのような原因で発症する症状なのでしょうか。多汗症の原因には、ホルモンの失調などの自律神経の乱れも関係しています。これらの脇の多汗症になる原因が分かれば対処がしやすくなるでしょう。

脇の下エチケット